2009年10月2日金曜日

日本酒の日

日本酒ゴーアラウンドというイベントにYちゃんと行ってきました。
下のさかずきんちゃんのバッチをつけて福島で待ち合わせ!いざ出発~!

歩いているとあきないトラの穴同期のI氏から
「今、福島にいてない?」とのメールが!!!
I氏と会社の先輩I氏もなんとゴーアラウンド参加との事!
なんと約2年ぶりの再会で合流して一緒にまわることに


福島の「酒肴のろころ」さん 蔵元さんは瑞冠(広島)
 とってもやさしいお酒でした。
お酒の写真は満員でとれなくて残念!
のろころの店主さん、
前に利き酒の会でお話しただけなのですが、覚えてていただけて感激!
路地裏にある雰囲気のある店です!今度は落ち着いて伺いたいです!


西天満の「チルコロ」さん 蔵元さんは七本鑓(滋賀)
この看板に不安を感じながら二階の奥にある店に!
不安は吹き飛ぶ感じの良い店でカウンターには行けなかったんですが
パーティルームに!


七本鑓のイケメン蔵元さん!四人で行くといろんな種類が呑めました。
突き出しも滋賀の名物を出していただきました。おいしかった~!


天神橋の「酒や肴 よしむら」さん 蔵元さんは川鶴さん(香川)
この辺になるとベロンベロンです。バッチをつけてる人を見かけると
知らない人でも「おいしかった~?」とか話がはずんだりします(笑)
さて、よしむらさんおいしかった~!特にあなごが絶品!
店主さんも美人な奥様も素敵で!これまた落ち着いて伺いたいです!!
川鶴のBY15年!(多分です。記憶が薄い、笑)←特においしかったです(^^)

とっても楽しいイベントでした。再会と新しい出会いとおいしい料理とお酒!
幸せな一日でした!!最後には酔っ払ってSキャラ炸裂しました。
ダブルI氏&Yちゃん、すいませんでした&ありがとう!

[日本酒の日とは!]
10月1日がその日にあたるその根拠とは?酒に関する漢字-酌、酔、酩、鏐、醸・・・・にはツクリ「酉(とり)」が共通しています。「酉」は酒壷を表す象形文字で、古代にさかのぼるにつれて下のほうがだんだんとすぼみ、その昔、酒を熟成させるために用いた酒壷の形のようにみえます。もとは「酉」だけで酒を意味していましたが、後の液体に表す“サンズイ”がついて今の酒という字になったといいます。
この“酉”は、十二支の中の10番目の“酉”としても使われています。酉の月は10月の新穀の実る月であります。その穫り入れた新穀を使い、酒造りを一斉 に始めた月なので「酒の月」ともたされました。
そこから 10月から翌年の9月までを酒造年度としていたようで、酒造元日である10月1日が「日本酒の日」となりました

0 件のコメント:

コメントを投稿